不倫・離婚問題業務について

■ 不倫問題の特徴

不倫離婚問題は関総合法律事務所に相談 ・慰謝料請求(や関係解消請求)をしたい方

 ・慰謝料請求をされた方

いずれにおいても重要なことは,①事実の確定,②事実を裏付ける証拠の強弱,③金額の妥当性を判断していかなければならないのです。

 「訴訟になったらどうなるか?」ということは弁護士しかわからないところがあります。

費用対効果も想定して,交渉段階で最大の解決を図っていくためには,交渉力(裁判例の調査・分析/交渉の方法/相手方がどうでるかを予測した上での主張/証拠をいつ提示するか等)も重要になってきます。

また,感情的になっていれば,話し合いは困難になることが多いです。ときには相手の感情や自分の感情が警察沙汰になることもあります。

したがって,不倫問題を弁護士に相談・依頼することは非常にメリットのある分野だと考えております。

 なお,請求する側であれば「配偶者との関係をどうしていくか」,請求された側であれば「相手との関係をどうしていくか」も考えなくてはなりません最終的に決断を下すのはあなたであっても,法的にどうなっていくかというアドバイスを受けて進めていくことでスムーズに決断ができる場合が多いです。

 

■ 離婚問題の特徴

 離婚問題は,

離婚の争い(同意,離婚事由),

子供の争い(親権,面会交流),

お金の争い(婚姻費用,慰謝料,財産分与,養育費,年金分割),

という3ポイントがあります。

「あなたの事案はどこに重点がある事案でしょうか?」

 相手がどう出てくるのかも予測しながら,1つずつ考えていく必要があります。

 条件面の食い違いがある場合等は,どちらの言い分が正しいのかはなかなか判断することはできないものです。ネットの情報は事案に即したものではありません。

相手方と話し合いをするなかで,あなたの事案に即した法的に適切なアドバイスができるのは弁護士です。また,離婚問題を弁護士に依頼をすれば,弁護士があなたの代理人になって相手方と話し合いを行うことができます。

いずれにおいても,弁護士はあなたの強力な味方になるのです。

 なかなかまとめるのが難しい事案でも,弁護士が入ることで,綺麗にまとまったという事案はたくさんあります。

 最終的には協議離婚(調停離婚にせよ)の場合は,お互いの合意内容を書面で残していくことが必要になります。弁護士が法的に有効な合意書を作成することで,紛争の予防になります(事案によっては公正証書化も検討します)。

 離婚相談や離婚調停が初めての方も多いので,以下のコラムも参考にしてください。対話形式でわかりやくまとめております。

※ コラム → はじめての離婚相談

※ コラム → はじめての離婚調停

 

■ 当事務所の不倫・離婚問題の特徴

1,交渉解決を優先的に考える

2,解決事例多数

3,弁護士費用を抑えるための影武者プランを用意

4,子連れ相談OK,絵本など用意可

 

■ 解決事例の一部をご紹介

 解決事例はこちらです。

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー