はじめての離婚調停

キョロキョロ「離婚調停とはどのようなものなのでしょうか?」

 

ニコニコ「裁判所で第三者を交えて離婚の話し合いを行っていくものです。」

 

 

キョロキョロ「裁判所と聞くだけでちょっと怖いのですが・・。」

 

ニコニコ「いえいえ,家庭裁判所の調停室という小さな部屋にて非公開で行うもので,通常の裁判(法廷)とは異なりますので,心配しなくて大丈夫ですよ。」

 

 

キョロキョロ「相手と会うことはありますか?」

 

ニコニコ「交互に調停室に入るので対面することはないです。

①手続きの説明と②成立のときに顔をあわせることになりますが,直接話したりすることはないので大丈夫です。弁護士をつけていれば,弁護士に代わりに行ってもらうことも場合によっては可能です。

裁判所のほうで,出頭時間や帰宅時間もずらしてくれることが多いので,帰りのエレベーターでたまたま会うってこともあまりないです。」

 

 

キョロキョロ「ところで,第三者とは・・具体的に誰が話し合いに参加するのですが?」

 

ニコニコ「調停委員2名(男女各1名)です。成立のとき以外は調停室に直接出入りすることはありませんが,裁判官も参加しています。調停委員は,裁判官と協議しながら,話し合って進行を決めているのです。」

 

 

キョロキョロ「調停委員はどのような方なのでしょうか?」

 

ニコニコ「【調停委員は,調停に一般市民の良識を反映させるため,社会生活上の豊富な知識経験や専門的な知識を持つ人の中から最高裁判所によって選ばれています。具体的には,弁護士,医師,大学教授,IT専門家,公認会計士,不動産鑑定士,建築士などの専門家の他,保護司,カウンセラー,消費生活アドバイザーなど,社会で幅広く活躍してきた人です。】(抜粋引用サイト:日本調停協会連合会 」

 

 

キョロキョロ「なるほど。離婚調停で弁護士をつけるメリットは何ですか?」

 

ニコニコ「弁護士によって様々な見解があると思います。私は,以下のとおりかと思います。

①証拠や事実に基づいて主張書面を期日前に提出することで,予め裁判官や調停委員に主張や争点をはっきりさせ,好印象を与えることができる。

②有利・不利がわかる。

③訴訟になったときのリスクやメリット,裁判例の見解や相場など,実務の感覚を教えながら手続きを進めていくことができる。それゆえ,一人で選択できないことも弁護士と一緒に考え,進めていくことができるので心強い。

④請求できるもの・できないものが明確になる。

⑤証拠の整理ができる。

⑥調停委員の言いなりにならなくて済む。」

 

 

キョロキョロ「どうもありがとうございます。」

 

 

お問い合わせはこちら→クリック

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー