弁護士費用

弁護士費用の説明

<契約方式は以下の3パターン>

①「着手金・報酬金」:事件にとりかかるための「着手金」と成功の度合いに応じて決まる「報酬金」の2つからなります。

②「完全成功報酬制」:成功の度合いに応じて決まる「報酬金」のみからなるものです。

③「タイムチャージ」:弁護士の稼働時間数に応じて報酬が決まるものです(例:1時間22000円から相談)。

<事件の内容によって発生する>

「実費」:事件の処理の為に必要な費用 例)交通費,内容証明郵便発送費用,印紙,郵送費,弁護士会照会手数料等

「日当」:事務所外の作業で,かつ,移動時間含め2時間を超過する場合に発生する費用

<当事務所の弁護士費用の補足>

相場を考慮した適正価格にしています。

「着手金・報酬金(上記①)」は,着手金一括払いが原則ですが,経済事情と証拠関係によっては,着手金の一部を報酬金に回することや分割払いの相談に応じることも可能です一般民事事件をはじめ,離婚・男女問題,相続問題,不動産問題,労働問題,借金問題,その他の問題は着手金・報酬金になっています。

「完全成功報酬制(上記②)」は,分野と証拠によって決めますので,お問い合わせください。交通事故(被害者),残業代請求,過払い金返還請求が主なものです。ゴルフ会員権預託金返還,不倫慰謝料請求,債権回収,立退料も証拠によっては完全成功報酬制に近いかたち依頼可能な場合もあります。

「タイムチャージ制(上記③)」は,契約書作成や調査案件のほか,中小企業のスポット案件などでも使うことが多いですが,個人の案件でもタイムチャージで契約する場合があります。また離婚問題もタイムチャージが希望の方は相談ください。

以下はあくまで目安であって,事案によって異なりますので気軽にご相談ください見積書の発行も無料で行なっております

 

交通事故の弁護士費用

<弁護士費用特約のない場合>

費用項目 金額
相談料 0円
着手金 0円~3万3000円(税込み)
報酬金

(保険会社提示なし)

経済的利益1000万円以下は19.5%(税込み)

経済的利益1000万円以上は17.5%(税込み)

(保険会社提示あり)

保険会社提示額と示談額の差額27.5~33%(税込み)

※ 訴訟は,原則16万5000円~22万円(税込み)の着手金となります。

<弁護士費用特約のある場合> 

・弁護士費用のご負担・立て替えなしに,相談・依頼が可能です。

・弁護士特約の確認方法等は,こちらで紹介してるので参照ください。

 

遺産相続|離婚問題・不貞|不動産・建築|借金|労働|債権回収の目安(着手金)

【遺産相続・遺言】

遺産分割・使途不明金は,交渉22万円(税込み)~,調停33万円(税込み)~

遺言作成は,22万円(税込み)

相続放棄は,1人11万円(税込み)※3人目から割引あり

【離婚問題・不貞】

不貞慰謝料請求は,交渉5万5000円(税込み)~

不貞慰謝料減額は,交渉11万円(税込み)~

離婚問題は,交渉22万円(税込み)~,調停33万円(税込み)~

子の引渡しは,交渉22万円(税込み)~,調停33万円(税込み)~

【不動産等・建築】

交渉16万5000円(税込み)~

【時効・借金問題】

同時廃止33万円(税込み),管財事件44万円(税込み),任意整理1社5万5000円(税込み)※3社以上で割引あり

【解雇・競業避止】

交渉22万円(税込み)~

【債権回収(貸金等)】

交渉5万5000円(税込み)~

 

残業代請求|過払金|ゴルフ会員権|立退料の目安(報酬金)

交渉は完全成功報酬制で対応可能な場合があります(回収額の27.5~33%)

 

債権回収|労務問題・損害賠償問題|顧問契約|の弁護士費用

1,債権回収は「債権回収の弁護士費用を抑える方法について」のなかに費用の記載があります。

2,労務問題・損害賠償問題はタイムチャージ制or下記のその他一般民事事件の費用です。

3,顧問契約は「弁護士顧問契約」に費用とサービスの記載があります。

 

その他一般民事事件 

・経済的利益が問題になる事案は,原則,次の旧弁護士報酬規程によります(以下すべて税込み)。

費用項目 金額
相談料 初回30分0円
以後30分につき5500円
着手金 経済的利益の額が 経済的利益の
300万円以下の場合 8.8%
300万円~3000万円 5.5%+9万9000円
3000万円~3億円 3.3%+75万9000円
報酬金 経済的利益の額が 経済的利益の
300万円以下の場合 17.5%
300万円~3000万円 11%+19万8000円
3000万円~3億円 6.6%+151万8000円
 

 

刑事事件(窃盗,わいせつ,盗撮・痴漢,侵入等)の弁護士費用

被疑者段階> 

簡易 着手金22万円  報酬金33万円

複雑 着手金55万円  報酬金55万円

被告人段階> 

簡易 着手金33万円  報酬金33万円~

複雑 着手金55万円~ 報酬金55万円~

※簡易か複雑の判断は,否認の有無,再逮捕の可能性,前科の有無,争点の有無等で判断致します。

 

 
お問い合わせ・無料法律相談のご予約

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー