相続・遺言業務について

■ 当事務所の遺言・相続問題のサービス

 遺産相続・遺言の問題で次のようなお悩みはありませんか? 

遺産相続サービス】【使途不明金解決サービス】【相続放棄サービス】【遺留分減殺サービス】【遺言作成サービスを中心にあらゆる相続問題のサービスを行っております。

相続問題の相談のご予約は,お問い合わせフォームまたは03-6304-8451になります。

遺産相続サービス
・ 遺産分割協議の同行,交渉,調停の代理をしてもらいたい
・ 遺産分割協議書を作成してもらいたい
・ 相続人調査や相続財産確定や遺産分割協議の方法等を知りたい 
・ 寄与分や特別受益等の問題を解決したい

使途不明金解決サービス
・ 使途不明の出金があるので返還請求をしたい
・ 使途不明の出金が贈与なのか,無断引き出しなのか解明した上で解決したい
・ 面倒をみていなかった他の相続人から返せと言われている

相続放棄サービス
・ 相続放棄の手続きを代理・サポートしてほしい
・ 資産や負債の調査をしてほしい
・ 債権者や業者の対応をしてほしい

遺留分減殺サービス
・ 1人の相続人に遺産を全て相続する遺言書が見つかった
・ 遺言が無効ではないか
・ 遺留分減殺請求の通知を受けた

遺言作成サービス
・ 法的に正しい遺言を作りたい 
・ 相続人間の争いを事前に防止しておきたい
・ 財産を渡したくない相続人がいる
・ 面倒をみてくれた子どもにできるだけ多くの遺産を与えたい

その他,不動産売却,不動産評価,相続税,相続登記,相続後の共有地の問題等々

弁護士があらゆる問題を解決できますので気軽にご相談ください。

 

■ 非弁行為に要注意!

遺言相続の問題では「非弁行為」に要注意です。

遺産分割協議書作成自体は,弁護士,司法書士,行政書士,税理士もいずれもできます。

しかし,ご相談者様・ご依頼者様の代理人として交渉できるのは弁護士「だけ」です。遺産分割調停,審判も弁護士「だけ」が代理人になることができます。

弁護士以外の士業に頼んでいますと,弁護士を改めて探さなければならない場面に,またはご自身で法的な交渉をしなければならない場面に直面することになります。

近年,弁護士以外の士業が法的な交渉したりすることをときたま見かけますが,それは即ち「非弁行為」といいます。弁護士法に反する行為ですので,くれぐれもご注意ください。

 

■ 当事務所の遺言相続問題の4つの強み

1,弁護士が粘り強く交渉します

2,相続税対策,相続税問題も税理士とワンストップサービスを提供

3,フットワークが軽いので立ち会い等も積極的に行います

4,相続登記も追加サービスとして依頼が可能です

 

■ 相続問題の解決事例の一部をご紹介

【遺産分割調停】使途不明金返還と遺産分割調停【使途不明金返還訴訟】

【遺言書交渉】行政書士の非弁行為を交渉で撃退【非弁行為】

【相続放棄】相続放棄を迅速かつ丁寧にスピード解決【手続代理】

【遺産分割調停】遺産分割調停にて金額増額&不動産取得に成功【使途不明金】【不動産】

【相続放棄】3か月経過後の相続放棄が受理された事案【手続代理】

【相続手続】必要書類の取得と相続登記を迅速に対応【手続代理】

 

お問い合わせ・無料法律相談のご予約

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー