相続放棄相談

相続放棄の無料相談を受け付けております。

相続放棄という制度は知っているけど,やり方がわからない。」

相続放棄すべきか相続すべきか判断に迷っている。」

「3か月過ぎてしまったので相続放棄はできないのではないか。」

相続放棄申述期間の延長ができないか。」

このようなお悩みがある方は,お問い合わせください ⇒  クリック

1, 相続放棄とは?

相続放棄という文字どおり,お亡くなりになられたご両親の負債が資産より多いときに相続を放棄をすれば,負債も資産も受け継がれないということになります。

被相続人の負債が多いときは,相続人側にとって「相続放棄」という制度は,大変助かる制度です。

相続放棄後は,次順位の相続人に負債や資産が受け継がれることになります。

もっとも,次順位の相続人も相続放棄をすることができます。

したがいまして,相続放棄をする場合は,次順位の相続人との関係なども重要になります(事前に通知しておくのが,一緒に相談にくるのか)。

 

2,相続放棄の手続きの概要と弁護士に依頼するメリット

相続放棄とはその名のとおり,遺産相続を放棄する手続きです。

1,家庭裁判所に申述という法律行為を行わなければならないこと

「何の書類を集めたらよいかわからない」

「何度も区役所や市役所に行くのが大変だ」

「申述書を弁護士の名前で書いてほしい」

「何度も訂正するのが大変なので不備なくやってほしい」

という場合には,弁護士に相談することが重要かと思います。

2,プラスの財産のほうが多く相続放棄をする必要がない場合もあること

相続放棄したほうがいいのか,資産も負債もあるので受け継いだほうがいいのかわからない。もしかしたら負債のほうで流行りの過払い金が発生しているかもしれない。」

という場合には,弁護士に相談することが重要かと思います。

3,相続放棄は,一定の行為をすると,できなくなってしまうこと

「相続放棄の前にどういう行為をしたら,相続放棄ができなくなるかわからない。お父さんの車は乗ってていいの?遺品の整理はしていいの?スーツやネクタイはもらっていいの?生命保険金はもらっていいの?」

という場合には,弁護士に相談することが重要かと思います。

若干詳しく説明します。

民法921条1号は処分に該当する行為をすると,相続放棄ができなくなると規定しております(単純承認)。

よく相談が多いのは,葬儀の執行や保険金の請求などです。

葬儀費用は,相当の費用であれば,セーフです。保険金の請求も受取人に指定されてるものであればセーフです。もちろん例外もありますので,慎重に判断しなければなりません。

4,相続放棄は,3カ月という期限があること

「負債の調査に時間がかかるから,延長はできないの?」

という場合には,弁護士に相談することが重要かと思います。

 

3,相続放棄の費用等

相続放棄の弁護士費用は1人あたり10万円(税別)+実費で承っております。複数人依頼の場合の値引きもございます。

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー