Archive for the ‘【債権回収知識】’ Category

【債権回収】未払医療費等でお困りの病院・クリニック

2017-07-18

未払医療費・入院費等でお困りの病院・クリニックの方々はいませんか。弁護士にご相談(無料相談)ください(中野駅南口徒歩2分/ZEROホール方面)。

・低額でもよいから早期に債権を買い取ってもらいたい。

・手数料を支払ってもよいからすぐに現金化したい。

と考えるかもしれません。

サービサーに委託したり,ファクタリング業者と契約をしたり,病院・クリニックの資金繰りの対策は,色々考えられるかもしれませんが,本当にそれでよいのでしょうか。

「弁護士に回収を委任する」ことも一つの選択肢になります。

 

弁護士が回収業務を行うメリットは,

・住居不明者の転居先の特定ができる可能性があること

・代理人として相手方と法的な交渉ができること

・仮差押え,少額訴訟,支払督促,訴訟,執行というあらゆる手続きを制限額なしに代理人としてできることです。

 

特に,自由診療を行う歯科医院や美容外科等は,支払不能の患者様はもとより,治療や手術の内容で難癖をつける患者様との交渉が必要になる場面がでてくるのです。

支払わない理由の特定とそれに基づく方針の決定と解決。更には,トラブルの未然防止策とリスクマネジメントが必要になります。

 

【費用】

・無料相談初回30分

・当事務所は月10万円の法律顧問契約により,着手金0円,報酬金20%+実費により医療機関等の医療費等の回収の依頼を受け付けておりますので,気軽にお問い合わせください。

 

【債権回収】ゴルフ会員権の預託金返還請求権

2017-02-25

ゴルフ会員権預託金返還請求権はご存知ですか(債権回収というより消費者被害のジャンルであるかもしれません)。

■ 預託金の返還についてこんなお悩みありませんか??

・500万円もの預託金を支払って会員になったが,ゴルフには行かなくなった・コースに愛着がなくなったということで,ゴルフ場に対して預託金の返還を考えている。

・父親の会員権を相続したが,ゴルフはしないので預託金の返還を考えている。

このような方々がいるかもしれません。

しかし,いざ返還を求めると,

ゴルフ場は,「据置期間の延長の決議があったのでまだ返すことはできません」「事情が変更したので返すことができません」等いろいろな事情を理由に返還に応じてくれない。

このようなお悩みは,お早めに弁護士にご相談ください。

■ 預託金返還請求権の性質

預託金は,その名のとおり,ゴルフ場に預けているお金で,据置期間(5~10年が多い)が経過すれば,全額が退会時に返還されるものです。

裁判例(東京地裁平成28年5月25日)では,

権利の性質とゴルフ場の据置期間の延長の決議について次のように判示しています。

「据置期間経過後に退会の上預託金の返還を請求し得る権利は、会員の契約上の基本的権利というべきものであって、被告の一方的判断によって安易にその権利を制限すべきでないから,本件延長決議に原告が拘束されると解するのは相当でない。」

預託金返還請求権は会員の契約上の権利なので,延長決議には拘束されないのです。

したがって,ゴルフ場の反論はとおらず,会員側が勝つのが原則です。

■ ゴルフ場が経営難であることは事実

といっても,ゴルフ場も経営難なのは事実であることが多いです。

会員側としてはゴルフ場が破産されてしまってはどうしようもありません。

そこで,妥当なところで和解をするのです。この見極めは弁護士にお任せください。

■ 弁護士に依頼するメリット

ゴルフ会員権の預託金返還請求を弁護士に依頼するメリットは次のとおりです。

1,弁護士名義の内容証明郵便による回収率が高まる。

2,弁護士が交渉することで,返還に応じることがある(満額は困難)。

3,訴訟提起,訴訟追行が可能(場合によっては事前に仮差押えをする)。

4,強制執行が可能。

といったところです。

■ 当事務所の預託金返還請求権の料金体系

相談料:無料

着手金:5万円(税別)

報酬金:20%(税別)

実費(内容証明郵便代,訴訟提起の場合は交通費と印紙・郵券代等)

                                     以上