【交通事故】セカンドオピニオン

交通事故被害者からセカンドオピニオンを求められることがあります(無料相談)。

弁護士費用特約は1事故300万円までの弁護士費用(相談料は1事故10万円まで)となっています。

死亡事故等でない限り特約の上限に達することはないので,セカンドオピニオンの場合も,弁護士費用特約は使えることが前提です。

以下は,交通事故に限らず,セカンドオピニオンについての当職の見解を書きます。

セカンドオピニオンは推奨されるべきです。

ただ,セカンドオピニオンを求められた弁護士側は,受任事件の不当介入にあたると倫理違反になってしまうので,慎重にならざるを得ないのは事実です。

実際,一般的な法律見解やアドバイスはできますが,ある程度解決段階にまできている場合,結果は変わらないことが多いですし,今依頼している弁護士とよく話し合ったほうがいいですよと,という結論になることも多いです。

もっとも,依頼している弁護士が懲戒されてしまい事件がストップしてしまった場合等は,セカンドオピニオンを求められた弁護士側も,積極的に受け入れてくれる場合が多いと思います。

他の弁護士の見解を聞きたいというのであれば,まずは法律相談を予約してみるのは「あり」だと思います。

当事務所のお問い合わせフォームはこちら ⇒ クリック

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー