復縁相談

復縁でお悩みの方はご相談ください。

■復縁取り扱い分野

取り扱っている復縁相談分野は,①夫婦関係の修復(復縁),②内縁関係の修復(復縁)がメインとなっております。単純な男女交際の復縁については,金銭問題がある事案につき,金銭問題(交際中の貸し借り,援助,贈与など)というかたちで無料相談を承っております。

また,法的に解決するための相談ですので,「法律相談」であることをご了承ください。

 

■このようなお悩みありませんか?

以下のお悩みがあればご相談ください。

・夫婦(または内縁)をやり直していくための条件で揉めている。

・夫婦(または内縁)をやり直していくための条件が決まったので,合意書としてまとめていきたい。

・妻(夫)や相手に突然出ていかれてしまい,戻ってきてもらうために何をどう進めていけばよいのかわからない。

・自分は出て行ってしまった側であるが,もう一度家に戻りたいけれどもどう進めていけばよいのかわからない。

・当事者同士では冷静に話ができないので第三者に入ってもらいたい。

・次に不倫をした場合の違約金などを定めて復縁を希望する。

 

■復縁を弁護士に相談することでどうなるか?

悩みというのは,ご自身の頭で考えていてもなかなか解決はしません。

まずは第三者(友人)や家族に話すことで,頭が整理できて,方向性が決まっていくものです。

弁護士は第三者ですが,友人や家族とはまた別の存在になり得ます。

決定的に違うのは,弁護士は交渉の仕方・手続の進め方・財産関係等,実務の話ができるところです。実務の話を聞いて,法律上はどうなっていくかということが予想できれば,復縁するかどうかの決断もしやすくなっていくものだと考えます。

たとえば,あなたが復縁をご自身で行っていく場合でも,相手に送る文章の書き方や言い回し等は弁護士にチェックをしてもらったほうが良い結果になることが多いのです。

 

当事務所では,復縁を希望されている方の影武者プランなるものもご用意しておりまして,実際にご利用いただき復縁という結果になった方も多数いらっしゃいます。

 

■復縁を弁護士に依頼するとどうなるか?

上記相談だけで解決できるのが一番良いですが,相談だけではなく,実際に弁護士に依頼するケースもあります。

依頼すれば弁護士があなたの代理人となって,相手と直接交渉していきます。

事案によっては復縁のための調停を申し立てたほうがよい場合もあります。

まずは上記相談の段階で方向性を決めていきます。

 

■復縁(円満)は家庭裁判所の調停を利用して話し合うことができる!

事案によっては調停を申し立てると解決が早い場合もあります。

家庭裁判所の調停には,

① 夫婦関係等調整調停(円満)

② 内縁関係等調整調停(円満)

という話し合いの手続きが設けられております。

裁判所のホームページを引用すると,

①夫婦関係等調整(円満)は,「夫婦が円満な関係でなくなった場合には,円満な夫婦関係を回復するための話合いをする場として,家庭裁判所の調停手続を利用することができます。調停手続では,当事者双方から事情を聞き,夫婦関係が円満でなくなった原因はどこにあるのか,その原因を各当事者がどのように努力して正すようにすれば夫婦関係が改善していくか等,解決案を提示したり,解決のために必要な助言をする形で進められます。なお,この調停手続は離婚した方がよいかどうか迷っている場合にも,利用することができます。」(家庭裁判所ホームページ引用)

②内縁関係等調整調停は,上記①の内縁の場合ということになります。

 

■相談料金等

復縁についてお悩みの方は気軽にお問い合わせください。

〇法律相談料

・初回15分無料(以後15分ごとに2700円(税込み))

・継続相談(2回目から)30分10800円(税込み),1時間1万6200円(税込み)

〇依頼料

弁護士に相談のみならず,依頼をする場合は依頼料がかかります。

以下の3パターンの料金体系があります。

・着手金,報酬金契約

依頼料は,事件にとりかかるための「着手金」・成功の度合いに応じで決まる「報酬金」からなります。金額は要相談になります。

・タイムチャージ契約

活動時間(1時間あたり2万円等)に応じて弁護士費用が発生するものです。活動報告書を毎月お送りします。

・影武者プラン契約

弁護士が代理人として活動するのではなく,あなたをサポートするために相談や書面チャックを行うことになります。

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー