【相続問題】使途不明金

使途不明金のご相談は中野区の弁護士に気軽にご相談(無料相談)ください(中野駅南口徒歩2分/ZEROホール方面)

被相続人名義の預金口座から出金された使途不明金について書いてみます。

被相続人が亡くなる直前に,複数回に渡って出金がされており,亡くなった時点の残高は0円だった,という事例です。

● 遺産とは

遺産とは,被相続人の死亡「時」すなわち「相続開始時」における被相続人の財産です。
 
とすると,上記事例の銀行の預金口座については残高0円のため,遺産は0円ということになります。
 
● 遺産分割の対象外
 
預金は0円なので,相続開始時の遺産を分けるよいう遺産分割の対象外になってきます。
 
一部の相続人が被相続人と暮らしている,近くに住んでいる,面倒をみていたとういう事情があったとしましょう。
 
そうすると,他の相続人はその一部の相続人が亡くなる直前に引き出してしどこかに隠したのだと考えるのが通常だと思います。
 
一部の相続人が贈与を受けて特別受益として合意ができるのであれば,それを前提に遺産分割をすればよいのですが,争いになるとどうなるのでしょうか。
 
● 調停では取り扱うことができない
 
裁判所に調停を起こしても,被相続人の死亡「前」の「被相続人名義の預金口座から出金された使途不明金」は取り扱ってくれません。
 
もちろん,一部の相続人が贈与を受けたものだとして,特別受益として合意ができるのであれば調停で扱うことも可能ですが,
 
合意ができないときは,次に記載する訴訟でしか争うことができないという結論になります。
 
● 訴訟での法律構成
 
遺産とは別のものとして,訴訟を提起しなければなりません。
 
そのときの法律構成は,
 
「被相続人名義の預金口座から出金された使途不明金」の相続割合分を返せという不当利得返還請求訴訟を提起するのです(不法行為での構成も可)。
 
一部の相続人が預金を不当に利得しているとの構成です。
 
証拠としては,出金明細票(取引履歴)などが必要になっていきます。
もちろん,出金した一部の相続人が引き出した使途をきっちり説明できるのであれば(入院費用その他の費用),不当に利得したものではなくなります。
 
以上,遺産分割案件の厄介な使途不明金の取り扱いについてでした。
 

関総合法律事務所 弁護士 関 真悟

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー