【交通事故】口の後遺障害

● そしゃく及び言語の機能障害

1級2号              咀嚼及び言語の機能を廃したもの   

3級2号              咀嚼又は言語の機能を廃したもの

4級2号              咀嚼及び言語の機能に著しい障害を残すもの             

6級2号              咀嚼又は言語の機能に著しい障害を残すもの

9級6号              咀嚼及び言語の機能に障害を残すもの

10級3号           咀嚼又は言語の機能に障害を残すもの

 

● 嚥下障害

嚥下障害とは,咀嚼の機能障害の等級を準用する味覚の脱失・減退の障害をいいます。

12級相当             味覚を脱失したもの

14級相当             味覚を減退したもの

 

● 歯牙障害

歯牙障害とは,口内の歯が脱臼,破損した障害をいいます。

10級4号           14歯以上に歯科補綴を加えたもの             

11級4号           10歯以上に歯科補綴を加えたもの             

12級3号           7歯以上に歯科補綴を加えたもの   

13級5号           5歯以上に歯科補綴を加えたもの  

14級2号           3歯以上に歯科補綴を加えたもの  

※ 3本以上からが対象になります。

※ 専用の後遺障害診断書を使います。

※ 多くの職業においては労働能力への直接的な影響を与えないと考えられているので,逸失利益は否定され,外貌醜状と同様,後遺障害慰謝料の増額事由として斟酌されることが多いのが実務の傾向です。

ページの上部へ戻る